スプラッシュ査定

スプラッシュはマイナーチェンジごとのモデルを意識する

スプラッシュ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

マイナーチェンジごとのモデルを意識する

 

スプラッシュはフルモデルチェンジが一回もなされずに日本での販売が終了したので、
今までに相場が大きく変わることはそこまでありませんでした。

 

 

 

普通はフルモデルチェンジのような外観、内装、機能、装備の大規模変化が起こると、
前代までのモデルの相場価格が大きく落ちるものです。

 

スプラッシュ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

かといってスプラッシュもまったくそういう事情が気にならないわけではなく、
マイナーチェンジという形で少しずつ変化を遂げてきました。

 

スプラッシュのマイナーチェンジ

 

マイナーチェンジはフルモデルチェンジと対をなす言葉であり、小規模な改良を意味します。
小規模ではあっても改良には違いないので、基本的にはスプラッシュにおいてもマ
イナーチェンジ後のモデルの方が査定で高くなりやすい特徴を持ちます。

 

 

 

私は自分のスプラッシュを51万円という比較的高い値段で売却できたのですが、
それは2012年からのモデルであったことが影響しているはずです。

 

 

 

2012年からのモデルはデザインがそれまでと大きく変わり、
スプラッシュ独特の丸みを帯びた車体に凛々しさが加わっています。
このデザインなら確かに欧州のユーザーに受け入れられるはずです。

 

 

 

スプラッシュが日本での販売を終了したことは相場的には不利な原因になりがちですが、
逆にコレクターの購買意欲をそそるかもしれません。

 

 

 

そうしてニーズが高まっていけば、今後スプラッシュが高騰する可能性がないとは言えません。
そういった事情も含めて、スプラッシュの売り時を考えていきましょう。

[無料] 愛車査定なら最大10社の見積もり比較!