スプラッシュ査定

スズキスプラッシュを高額で売るには年式と走行距離が重要

スプラッシュ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

高額で売るには年式と走行距離が重要

 

スズキスプラッシュはコンパクトカーでありながら居住空間に優れているクルマです。
私もその空間が好きだったのですが、家族が増え、もっと荷物を置くスペースが欲しくなりました。
スズキスプラッシュは国産の他のトールワゴンと比べ、荷物がそれほど置けない特徴があるのです。

 

 

 

しかし、より大きな車体のクルマを買うとなると、値段が大変なことになってしまいます。
そこで資金を調達するため、このスプラッシュの売却はとことん高額を目指して行うことにしました。

 

価値を決める二大要素は「年式」、「走行距離」

 

言わずもがなクルマの価値を決める二大要素は「年式」、「走行距離」です。
スプラッシュは2008年10月〜2014年8月の間、日本で販売されていたので、
必然的に年式は2008年〜2014年のどれかとなります。

 

 

 

2008年に近づくほど古いクルマと見なされ、2014年に近づくほど新しいクルマと見なされるので、
2014年に近づくほど価値が大きくなります。

 

スプラッシュ,査定,買取,高額,売却,愛車

 

走行距離については1年につき1万kmが基本と言われていますが、
ライフスタイルによって多少の上下はあります。
もちろん少なければ少ないほど価値が大きくなります。

 

 

 

私のスズキスプラッシュの場合、年式2014年、走行距離1万kmでした。
これはこの車種の歴史を考えると相当状態が良いと見なされます。

 

 

 

買取店によってスプラッシュの評価方式が違うので、最も高額の見積りを提示した店で査定し、
見積りどおり「79万」で売買を確定させました。無事資金調達成功です。

[無料] 愛車査定なら最大10社の見積もり比較!